ホーム > 市場調査について > 市場調査はどんなときに必要?

市場調査はどんなときに必要?

 昔からいずれの企業でも固定客を増やして自社商品やサービスを継続的に顧客に買ってもらうには同業者間の競合状態の中から選んでもらえる特長を目立たせたり、差別化し、顧客に認識してもらう必要性があるわけです。企業のこうした商行為が近年は主力商品のブランド化となって深化し、広まっているわけです。また、企業は順調に売り上げを伸ばしていても顧客が商品やサービスに求めている機能やその内容が時系列的、あるいは年代等の要因別でどのように推移しているか、市場調査を行って早めに対策を講じることが競合他社より一歩でも先んじることを知っています。最近はネット社会ですからその一環としてどこの企業でも顧客が自社商品やサービスを使った際の感想等を口コミ情報として投稿してもらうことが習慣化しています。

 しかも、顧客も市場に出ている類似商品やサービスの中から特定の商品やサービスを選ぶ際、この口コミ情報に関わる要因分析の内容を判断材料にしている人が増えていることが見逃せないことになっています。従って、企業でも顧客の購入状況を市場調査する他にこうした口コミ情報を要因分析する必要性を強く感じているはずです。使用上の欠陥や品質上の重大なトラブルにならなくても商品やサービスを利用する際のちょっとした使い勝手の悪さが口コミ情報としてウエブサイトに載るだけであっという間に売り上げの急落につながる事態がいくらでも起こり得る時代です。もちろん、その逆に、企業の方で事情が分からない内に売り上げの急増につながるケースも起こるので、企業としては供給面や物流面でこうした急変事態に即応できる社内体制を講じておくことが必要になっています。

 企業ではネット社会における顧客の消費行動には変わり身の早さのあることを避けるわけに行かないので、短期的には昔と比べ物にならない程の頻度で市場調査や口コミ情報の収集、分析を繰り返しています。市場調査しようと思えば一昔前のように郵送調査や街頭調査でアンケートをすることができますが、時間と労力と費用のかかる作業なので、市場動向の変化の激しい現代には必ずしも適当な方法と言えません。この点で、昨今はウエブサイトを利用して顧客情報を利用すれば短時間の内に簡単にできて、回答分析もすぐにできるのでウエブサイトを使った市場調査が役に立っています。その他に、マーケットリサーチの専門機関に自社商品やサービスの市場動向調査を依頼して中長期的な販売戦略を練る方法も経営方針に組み込んで実施しているはずです。

次の記事へ

PAGE TOP