ホーム > 市場調査について > 市場調査はどうして必要なのか、言葉の意味

市場調査はどうして必要なのか、言葉の意味

市場調査とは、新製品の開発や販促活動や流通経路の設定なそを行うための情報を得て、それを商品を販売する企業の意思決定に役立てるために行われる活動のことを言います。
これらの調査は販売調査,販売経路調査,価格調査,商品調査,消費者調査,広告調査,人的販売調査などの多岐に渡って行われます。
この調査で得られた社内・社外データ,量的・質的データ,国内・国外データなどを使用し、企業の意思決定に使用されています。
市場調査は、調査するための問題を限定し、既存データや生データを収集します。
電算機などを使用して、収集したデータを整理し、集計・分析・解析し、その結果は報告書としてまとめられます。
その報告書を元に企業は、新商品の開発や販促活動、流通経路の設定などの意思決定を的確に行っています。
そのために必要なものが市場調査になります。



市場調査は利用者の実態を調べる調査

市場調査は利用者の実態を詳細に調べる調査となります。
新しい商品やサービスを開発販売しようとする場合は、これら利用者にできるだけ最適な状態で提供することが売り上げや好感度を大きく左右する結果となります。
その利用者は男性と女性、また年齢層や地域差などによっても多少の傾向が違ってくることになります。
この調査を行うにはどんな人が利用しているのかを数的に調査することと、どんな風にすれば使い勝手や好感度や購買意欲がよくなるかを質問する2つに大きく分けられます。
これらの調査では結果次第では商品サービス提供者側の想定を覆す結果が出てくる場合があります。
例えば男性ビジネス客が多いであろうという予想に反して女性客が多かったり、あるいは平日でもレジャー利用が多かったりなどの回答が得られる場合があります。
もし予想を覆すような結果が得られたならば、それの意向に沿うように新商品や新サービスの方針を作り直す必要が出てきます。
これによっていざ新商品や新サービスを販売開始したら売り上げが少なかったという致命的な失敗を回避することができるようになります。



市場調査で売り上げが伸びるかもしれません

事業者の方々の中には、売り上げが中々伸びないと悩んでいらっしゃる方が結構いるはずです。
営業活動を活発化しても、中々顧客が獲得できず、どうしたらいいかと頭を悩ませている方がいてもおかしくはありません。
そんな方は一度市場調査をしてみる事をお勧めします。
モノやサービスを売るためには、顧客のニーズをつかまなければいけません。
顧客が欲しがっているものを企業が売らなければ、幾ら営業活動をしても売り上げが伸びる事などありません。
ですからまずは顧客が何を求めているか、調べる所から始めて行くのがベストです。
市場調査を専門に行っている会社に相談すれば、相談所の企業に合った調査を行ってくれますので、それを元に販売戦略を立てれば、売り上げアップにつなげる事が出来るかもしれません。
ですから頭を悩ませている時間があったら、今すぐに市場調査をするべきです。

次の記事へ

PAGE TOP