ホーム > 市場調査について > 市場調査の方法

市場調査の方法

 市場調査と言いますのは事業計画の制作のベースとなります。マーケットが期待するものをマーケットが熱望する方法で正しくいかに供与できるかを把握するための調査です。これは、事業スタート前のステップとしてとても大切な意味合いを持っています。そうは言っても現実の上でどのようにして調査を行うのかと困惑される方も多いかも知れません。方法につきましてはアンケート、或いは面接それから、観察等、広い範囲に亘るメソッドがあります。ネットが行き渡ってきた近頃では、インターネットを介しての調査に取り組むことも相対的に、安い費用でできるようになってきています。どういったメソッドが望ましいかは簡単には決め付けられませんが、大切なことはクライアントとなる層に対して調べるということです。

 調査として想定できるのがアンケートと考えられます。しかしながら、手法をミスするとアンケート結果が少しも意味を持たないものと化してしまいます。アンケートにおいては簡単に肯定的に返答しても、実際のところ金銭を費やしてサービスを受ける場面になると、そう易々と財布の口は緩めないといわれています。ですから、アンケートを行う場合表面的な結果自体を信じ込んではいけないケースがしばしば見られることに注意しましょう。そういった点で推奨できるのが面接です。多方面から質問していけば、クライアントのことが相当深く把握できるはずです。調査では意見をもらうだけでなく、対象者の雑誌や、サイト等の重要な情報も入れことが大切になります。このことにより事業スタート後に一体どういったやり方でアプローチすればよいかが把握できてくるはずです。

 観察によるチェックは、プレマーケティングと言われていて事業スタート前に積極的に取り込んでいきたいアプローチです。非常に狭い範囲のクライアントに対し、実際の商品やサービスを供してリアクションをみることになります。結果が納得できなければ、商品やサービスの内容や価格などを確認しなおして何回でもプレマーケティングをリスタートするべきです。調査において大事な事は、落ち着いて加えて客観的に評価することに尽きるでしょう。事業をスタートしようとしている方は、自分自身が供している販売品あるいはサービスに惚れ込んでいます。そうなってしまうとマイナスポイントがはっきりしなくなるし、目にしようとしなくなるものです。労力を掛けて調査によってクライアントがウイークポイントを指摘しているにもかかわらず、そのクライアントに誤りがあると考えたりしては調査の意味が無いといえます。

次の記事へ

PAGE TOP