ホーム > 市場調査について > 市場調査の初めの一歩は無料データから

市場調査の初めの一歩は無料データから

市場調査をしたいとき、最初にすべきことはすでにあるデータから情報を得ることです。
もちろん、商品の使用感ともなると個別に調査が必要ですが、市場の動向は無料で手に入るものも多いので利用しない手はありません。
まずは政府系のホームページを開いてみてください。
さまざまな統計データが入手できます。
地域ごとの情報、世帯ごとの情報など細かく分かれています。
インターネット上で簡単に閲覧できるのですぐさま有益な情報が得られます。
民間の調査会社でも、データを公開しているところがあります。
もちろん、有料のものもありますが無料で済む部分も多いので一度は開いてみてください。
研究所やリサーチといった検索キーワードでそれらの会社のホームページがヒットします。
定評のある会社も有益な情報を無料で公開しているので、プレゼンの資料などに十分使うことができます。



奥深い市場調査をちゃんと行うには

市場調査を自社でやると、まずクリアしなければならない課題が社員の調査に対する知識です。
調査は全くの素人だと間違ったデータを集計、分析しがちになります。
質問票の作り方ひとつでも、適当に作ると正確な答えが得られません。
それをもとに商品開発を進めていくと、後々市場の傾向とは異なるものができ上がり、会社にとって負の遺産をつくりだしてしまいます。
専門の部隊がいなければ、調査会社に依頼したほうが費用を無駄にせずに済みます。
既存の商品の改善をするための調査であればなおさらです。
社員だとどうしても先入観が強く、自然と誘導された意見を顧客から集めがちになります。
データの集計は市場調査の素人でもできますが、分析ともなると冷静な目と統計のワナを見抜く力が必要です。
社員をそこまでに仕上げる必要があるのかどうかも考えて、外部に委託するか内部で済ませるかを考えるようにします。



今の需要をしっかりと把握する市場調査

今の流行や今後の流れなどを常にリサーチするのが市場調査の役割です。
主に何に使われるのかと言うとやはり、経済の動きや今後の対策などを目的としています。
よくテレビのニュース番組などでリサーチをして比率やグラフにして出している表があります。
これも市場調査をしっかりやっているため傾向が一目で分かります。
年齢層が高い人に多いのか、逆に若い人に取って良いのか、男女どちらなのかと言う事が一目瞭然なのは、まとめも良いと言えますが視聴者の人に対してとても分かりやすいと言うのがメリットです。
こう言ったデータを元にすればそれだけでも世の中の動向は見えたと言ってもいいでしょう。
そう言った事を行うのがマーケットを拡大する上での一つの方法だったりもするので企業に取っても重大な対策になり非常に仕事が進めやすくなるのではないでしょうか。

次の記事へ

PAGE TOP