ホーム > 市場調査について > 企業の市場調査に協力する事が大事です

企業の市場調査に協力する事が大事です

企業というのは営利目的で活動していますから、売れる物やサービスを消費者に提供しなければ、売り上げを伸ばす事が出来ません。
そこで企業は、消費者が何を求めているかを知らなくていけません。
消費者が求めているものが何か分かれば、それを企業が消費者に提供すれば、消費者は購入してくれますから、企業は売り上げを伸ばす事が出来ます。
市場で何が売れているのか、消費者が何を求めているのか調べるのが、市場調査です。
企業は市場調査の一環として、消費者にアンケートを求める事があります。
企業は消費者にアンケートに答えてもらう事で、消費者のニーズを知る事が出来、そのニーズに合った商品やサービスを企業が提供する事に成ります。
ですから私たちは自分たちが欲しいモノを企業に提供してもらうために、アンケートには進んで答える様にすることが大事です。



商品開発する時に、市場調査を行うことの重要性

各企業でよく市場調査を行われることがありますが、それにはちゃんとした理由があります。
販売前の商品に関してのアンケートであったり、実際に商品を食べてもらうなど一般の方に調査を行うことで、商品開発の分析が出来たりすることが出来ることです。
新商品を販売するにあたり、どの年齢層をターゲットにされて試作品を作られてるか、決められてるので、その年代の方に調査を依頼することが重要となります。
市場調査をきちんと行わないと、企業の利益を向上させることが出来ないので、現在は多くの企業で行ってます。
実際に試食された方に対して、アンケートの記入をしてもらうことで、その商品の改善点など見つかることが多いです。
生の声を聞くことが出来るので、効率よく集計することが出来るようになってます。
市場調査はその他に郵送や一対一での対面、電話など色々な調査方法があるのが特徴です。



市場調査の基本的な部分としては

市場調査をするときには、まずは商売を始めたい地域の人口を調べることになるでしょう。
ちなみに人口に関してですが、基本情報として総務省統計局のサイトに国勢調査の結果がありますから、これを見ればほぼ詳細なデータを入手できるようになります。
日本全国の人口や世帯数に加えて男女比などを今時はネットで調べることができます。
実際の住まいである必要性はないのですが、とにかくそこでどのくらいの人がいるのか、というのはまさに市場調査の基本的なやり方になりますから、まず覚えておきましょう。
ネットにおける市場調査も似たようなことをします。
つまりは、その商品を買ってくれる層はどこから来ているのか、ということから判断をします。
ネットですから住んでいるわけではないですが、どの方向からやってくれるのか、は大事な調査対象になる要素でしょう。

次の記事へ

PAGE TOP